努力次第でAGAは抑制できる!プロペシアが必須

AGAに効くプロペシア

AGAが発症すると薄毛はどんどん進行していきます。
進行具合には個人差があるものの、徐々に薄毛の範囲を拡大させていく可能性が高いとされています。

しかし、努力次第で進行を抑制することは可能です。
ただしその為にはプロペシアを使用する必要があると言えるでしょう。
進行を食い止める為には脱毛を促進しているDHTを抑制しなければいけませんが、抑制効果を持つ薬がプロペシアであり効果的な対策方法とされているのです。
ただ、プロペシアで回復ができるかどうかと言えば難しい一面があることを理解しておく必要があります。

プロペシアには脱毛を抑制する作用がありますが、発毛をさせる作用は持っていません。
体質によってはプロペシアを服用することで発毛が確認できる例もあるようですが、しかしながら発毛成分を含んでいない薬ですので発毛ができるかどうかは微妙なところなのです。
そしてあくまでも脱毛を抑制する為の薬ですので薄毛はどんどん進行していく可能性もあると言えます。
しかしながら現状維持の為にも役立つ可能性が高い薬ですから使用してみる意義は大きいと言えるでしょう。

では薄毛を回復する為にはその他に何が必要になるのかと言えば、発毛を促進することが大切ですので、例えばミノキシジルを併用するのが理想的です。
強力な発毛促進成分のミノキシジルを使うことによって薄毛を改善できる可能性を高めることができ、そして有効性の高い手立てと考えられています。
この組み合わせで対策をしたことで回復ができた例も沢山あります。
AGAは改善が難しいと言われている脱毛症ですが、しかしながら適切な対策を取ることによって脱毛を抑制したり改善できる可能性も十分にあるのです。