内服タイプの育毛剤として日本でもっとも有名なのはなんといってもプロペシアですが、この医薬品を服用すると男性型脱毛症(AGA)の症状が進むのを遅らせる効果を得ることができます。
この効果がなぜ育毛に役に立つのかは、男性型脱毛症の原因やプロペシアの有効成分の働きを学ぶことで理解することができます。

プロペシアの研究イメージ

プロペシアの有効成分であるフィナステリドには、5α還元酵素の働きを妨げる作用があります。
人間の体内にはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンがありますが、これはこの還元酵素と結合することで、別の男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)へと変わります。
テストステロンもDHTもともに身体の成長にとって欠かせない男性ホルモンですが、頭部に限るとDHTは害を及ぼすホルモンとみなされています。
DHTが頭部の細胞にあるレセプターと結合すると脱毛因子と呼ばれるタンパク質を放出し、これが一定の量に達すると毛母細胞に対して脱毛指令を出します。
指令を受け取った毛母細胞は毛髪を成長させるのをやめてしまい、やがて毛球部の退縮がはじまり、脱毛へと至ります。

また、プロペシアで効果が出なかった方はデュタスを試されるとよろしいです。
デュタスはプロペシアよりも効果の高い成分が含まれているお薬となっているので、発毛効果が期待できます。

男性型脱毛症に悩んでいる人はこのような流れによってヘアサイクルが乱れてしまい、薄毛が進行していますが、ここにフィナステリドを投与して5α還元酵素を阻害すると、DHTへと変わるテストステロンの量をおさえることができます。
正常な毛穴の様子DHTの量が抑制されるということは、脱毛の指令を出すタンパク質の放出量が減ることを意味しており、長期間継続して服用することでヘアサイクルの乱れの進行を防ぐことができます。また、プロペシアが高価に感じる人はフィナロというジェネリック医薬品も購入できるので安価に購入することができます。
ジェネリック医薬品のフィナロは個人輸入代行などを利用することで病院よりも安く購入することができるので、安く購入したい方や誰にもバレずにAGAを治療したい方にはおすすめです。

プロペシアは、風邪薬や胃腸薬などのようにすぐに現れることはありません。
頭部の見た目に変化の兆しが無くても、3~6ヶ月程度我慢してプロペシアの服用を継続することで、はじめて十分な効果を得ることができます。